一般的にいうミネラルウォーターとはどんな水?

トップページ > 一般的にいうミネラルウォーターとはどんな水?

一般的にいうミネラルウォーターとはどんな水?

人々に認識されている一般的なミネラルウォーターとは、主に地下水を原水とする飲料水のことです。

 

このミネラルウォーターですが、日本では4種類に分別されるようで、それぞれナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、そしてボトルドウォーターと呼ばれております。これらの特徴をまとめてみますと、以下のようになります。

 

まずナチュラルウォーターですが、これは俗に言う天然水と呼ばれているものです。国のガイドラインによりますと、ナチュラルウォーターとは「特定の水源から採取された地下水を原水とし、殺菌済みだが化学的処理を施していない水」のことを指します。

 

次にナチュラルミネラルウォーターについてですが、これは「通常のナチュラルウォーターの中でもミネラルがそのまま水の中に入っている水」のことです。ミネラルウォーターにおいては、基本的にナチュラルウォーターに近いですが、更に「ミネラル分の調整や殺菌等を行い一定値の品質に安定させる水」になります。

 

そして最後にボトルドウォーターについてですが、上記の3種類に該当しない水のことを指し、処理方法に細かな設定基準のないもののことを言います。日本でのミネラルウォーターの硬度については、WHOで定めた120未満を軟水、そして120以上を硬水とする設定値とは少し違い、100未満を軟水とし、100以上を硬水としていることが多いです。

 

つまり日本のミネラルウォーターの大半が、軟水ということになります。

 

水の硬度については、ほぼカルシウムとマグネシウムの2種類が含まれる量によって決まっており、ミネラル分が高くなるにつれ硬度も増していきます。なので軟水として売られている日本のミネラルウォーターは、たとえミネラルという名がついているとしても、ミネラル自体の量は少ないものになるのです。