中性脂肪値はどれくらいが基準値なの?

トップページ > 中性脂肪値はどれくらいが基準値なの?

中性脂肪値はどれくらいが基準値なの?

中性脂肪値というのは、高すぎても問題がありますが、反対に低すぎても健康を損なう可能性があります。自分が現在、どれくらいの中性脂肪値になっているのかというのは、血液検査をしてもらわなくてはなりません。

 

中性脂肪がどれくらい血液に含まれているかを検査してもらいましょう。中性脂肪値というのは、常に一定になっているわけではありません。1日にの間でも中性脂肪値というのは変動しているものなのです。

 

中性脂肪値の検査をする当日は、朝食は食べないように言われることが多いです。正常な状態というのは、中性脂肪値が40~130mg/dlとなっています。

 

会社などで健康診断をしてもらう場合、中性脂肪も検査されることになります。自分の中性脂肪値は正常なのかを数値で判断しましょう。

 

健康診断でも、中性脂肪値は調べることになるのですが、病院でも血液検査をすると中性脂肪値を測定することになります。定期的に血液検査をしてもらうことによって、自分の中性脂肪値がどのように推移をしているのかを把握することも可能となります。

 

血液検査の結果を見ると、中性脂肪の平均値や基準値が書かれています。それらの数値と、自分の中性脂肪値を比較するようにして、健康状態を把握しておくようにしましょう。

 

基準値である40〜130mg/dlよりも数値が高くなっているのであれば、基準値よりも多いということになります。150mgを超えているのであれば、高脂血症だと判断されることになり、薬物療法をしなくてはならなくなってしまったり、生活習慣を見直していかなくてはならなくなります。

 

コレステロール値や中性脂肪値が水準よりも高くなっている症状のことを、高脂血症と言います。コレステロールや中性脂肪が血中に増えすぎてしまい、血液に粘りけが出てしまうのです。その結果、血管の中をスムーズに流れにくくなってしまい、高血圧や動脈硬化になってしまう確率が高くなってしまうのです。

 

太った体型の人しか中性脂肪はたまらないと思っている人もいるかもしれませんが、反対に細い人でも中性脂肪が溜まっている可能性は十分にあります。特に内臓脂肪として溜まっている場合、見た目だけでは分からないですから、痩せているとしても定期的に検査を受けるようにしたほうがいいでしょう。