イントラレーシックの種類

トップページ > イントラレーシックの種類

イントラレーシックの種類

レーシック手術には、様々な種類が登場しています。方法も費用も効果も違うため、医師とよく相談して最適な手術法を選びたいものですね。中でも、イントラレーシックは、従来のレーシック手術を画期的に進歩させた貢献度の高い手術方法として知られています。

 

通常のレーシックと主な工程は一緒ですが、フラップと呼ばれる角膜のフタの作り方が違ってくるのが特徴です。イントラレーシックと通常のレーシックとの違いと共に、他のレーシック手術の種類も見てみましょう。

 

イントラレーシックでは、イントラレーザーというレーザー機器でフラップを作成します。コンピュータで高性能の制御が可能になったイントラレーザーは、細かな部分まで精巧にフラップ作りが可能になります。より薄く正確に角膜を削ることができるので、従来の方法では断られていた人でもレーシックを受けることができるようになったのです。

 

従来のレーシックでは断られてしまった角膜の厚みが残り少ない人、強度の近視の人なども、イントラレーシックなら視力回復のチャンスが出てきたわけです。

 

また、確実性と安全性が高い手術のため、再手術になる可能性が低くなったのもメリットです。医師が高い技術を持っているに越したことはありませんが、イントラレーザーなら医師の技術に確実性が左右されにくいというのもポイントです。

 

イントラレーシックと同様に、より薄いフラップを作ることが可能なエピレーシック、乱視やレーシックで効果がない人でも視力回復しやすいイントラ角膜リング、アルコールで角膜を柔軟にしてからフラップを作成するラゼックなど、様々な手術方法が選べるレーシック。

 

目の状態や目的によって、医師と相談しながら最適な手術方法をとることができます。イントラレーシックは少し前までは限られたクリニックでしか行われていませんでしたが、今では多くのクリニックで採用されているため、身近なレーシック手術となっています。