中性脂肪とコレステロールの違いは?

トップページ > 中性脂肪とコレステロールの違いは?

中性脂肪とコレステロールの違いは?

中性脂肪とコレステロールという言葉を知らない人は、ほとんどいないでしょう。ですが、中性脂肪とコレステロールがどんなものなのかを知っているという人はあまりいないのではないでしょうか?

 

漠然と、健康に悪いというイメージしか持っていないという人も結構いるのではないでしょうか?中性脂肪にしてもコレステロールにしても、溜まりすぎてしまっていると健康に害を与えることになるということは有名ですよね。中性脂肪もコレステロールも脂肪の種類の一つとなっています。

 

ですが、中性脂肪とコレステロールというのは、全く必要ではないというわけではなく、ある程度の量は必要となっているのです。

 

また、中性脂肪とコレステロールというのは、取り除くための方法も異なっています。中性脂肪はいわゆる皮下脂肪の一つとなっており、運動をしたりして代謝を高めれば、燃焼させることもできます。

 

ですから、中性脂肪を燃焼させることによってエネルギーを生み出しているのです。逆に体を動かさないと、消費されるエネルギーも少なくなるため、食事量が少なくても中性脂肪が溜まっていきやすくなります。

 

次にコレステロールというのは、細胞膜や組織を作り出すために必要な脂肪となっています。肝臓からコレステロールを全身に送るのですが、余分なコレステロールは血液の中にとどまります。そして、コレステロールが血管に付着してしまうと、動脈硬化になってしまったり、ドロドロした血液になってしまうのです。