食事で中性脂肪を下げるためには

トップページ > 食事で中性脂肪を下げるためには

食事で中性脂肪を下げるためには

中性脂肪を減らすためには、どのような食事をしていくべきなのでしょうか?

 

脂っぽい食事というのは、中性脂肪を増やしやすくするということは知られているのですが、だからといって一切脂っぽい食事をしないというのも、偏食をしてしまうことになります。ですから、適度に脂っぽい食事もしつつ、他の食べ物も食べるようにしましょう。

 

例えば、野菜に含まれている食物繊維というのは、中性脂肪を低下させる作用があるだけではなく、糖質やコレステロールを吸着して体外に排出させる作用があります。ですから、普段から食物繊維が多く含まれている野菜もしっかり食べるようにしましょう。

 

では、どれくらいの食物繊維を食べるようにすれば、中性脂肪を下げることができるのでしょうか?果物の場合は200g、イモ類で100g、それ以外の野菜は300gほど食べるようにしなくてはなりません。ですから、炒めたり煮たりして、少しでも量を減らすようにするといいでしょう。

 

食物繊維のほかにも、青魚を中心に含まれている不飽和脂肪酸のEPAやDHAも摂取するようにしましょう。ただし、食事の改善だけで効率よく中性脂肪を下げるというのは難しいですから、同時進行で有酸素運動をするようにしましょう。またナットウキナーゼも効果的ですね。ナットウキナーゼはサプリから摂るのがベストです。

 

どれくらい有酸素運動をするのがいいのかについてですが、大体1週間に3日、そして1日に30分以上は行うようにしてください。そうすれば、少しずつ中性脂肪を減らすことができるようになるはずです。